就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務

就労ビザなど各種ビザ申請・取得、入管手続き、在留資格などの申請はお任せ下さい。
TEL03-6452-9889

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務 ビザ申請・免許・入管業務等のご相談は今すぐこちらへ。

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務外国人ビザ申請代行センター[HOME].

査証(ビザ)・永住・帰化申請などの手続きを行います。面倒な手続を代行、しかもあなたは入国管理局にいく必要なし!
当事務所は、入国管理局へのビザ(在留資格)の申請の専門家として
法務大臣より承認を受けた申請取次行政書士があなたに代わって入国管理局への手続きを行います。

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務

在留資格認定証明書

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務外国人が日本に入国(上陸)する場合、
           ビザ(査証)というものが必要になります。

このビザは短期滞在の場合、ビザの取得を免除されている国もありますが、日本で働くなど長期の滞在を予定している場合ビザ取得免除国の外国人でもビザの取得が必要で、しかも外務省法務省入国管理局協議によってビザの発行が行われるので取得に時間がかかります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

上陸審査においては、外国人の入国目的に虚偽がないか、日本政府が定めた上陸の条件に適合しているか等を審査します。しかし、外国人自らが上陸条件に適合していることを立証することは簡単なことではありません

上陸審査の手続を簡単に済ますための方法として、「在留資格認定証明書」の取得があります。

「在留資格認定証明書」とは、短期滞在以外の在留資格目的で日本に入国しようとする外国人に対し、あらかじめ日本政府が上陸条件に適合していることを証明するものです。

在留資格認定証明書の申請は、通常、日本国内の代理人が入国を希望する外国人の活動場所(住居地等)を管轄する地方入国管理局に対し行います。

申請書の入国管理局への提出に関しては、法務大臣から承認を受けた申請取扱行政書士が代わって行うことができます。

また、申請者となる外国人の代理人は、誰でもいいということではなく日本国の規則で定められている代理人に限られますので確認が必要です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務申請証明書類の例

留学を目的とする入国

1:入学許可書
2:留学経費の支払能力があることを証明する書類

日本に在住している
外国人の家族の入国

1:日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者
├ 扶養者との身分を証明する書類
├ 扶養者の在留資格及び在留期間を証明する書類
├ 扶養者の扶養能力を証明する書類
└ 扶養者の身元保証書
2:家族滞在
└ 上記1〜3まで。4の身元保証書は不要。

在留資格のうち「短期滞在」と「永住者」については、在留資格認定証明書は交付されません


就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務ビザ申請・免許・入管業務等のご相談は今すぐこちらへ。

INDEX
申請取次行政書士なら手続きが楽に
就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務在留資格認定証明書
在留資格とは?
在留資格一覧
日本で働く為には、その条件
身元保証人ついて
査証(ビザ)とは?
在留期間の計算
在留資格変更許可
在留期間更新許可申請
在留資格取得許可
資格外活動許可
再入国許可
永住許可永住許可
帰化
在留特別許可
専門家に依頼するメリット
在留資格やビザに関するQ&A集
各種書類作成費用
外国人ビザ申請代行センターについて
ビザ申請等に関するご相談・お問合わせ
特定商取引に関する表示
人材募集
行政書士、協議会スタッフ、執筆者など
※詳しくは応募要綱をご覧下さい。
 今月のオススメ 
皆さんに是非オススメしたい書籍や小冊子、CD-ROM、VTRなどです。

相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録

Copyright (C) 外国人ビザ申請代行センター. All Rights Reserved.

外国人ビザ申請代行センターの許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。