就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務

就労ビザなど各種ビザ申請・取得、入管手続き、在留資格などの申請はお任せ下さい。
TEL03-6452-9889

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務 ビザ申請・免許・入管業務等のご相談は今すぐこちらへ。

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務外国人ビザ申請代行センター[HOME].

査証(ビザ)・永住・帰化申請などの手続きを行います。面倒な手続を代行、しかもあなたは入国管理局にいく必要なし!
当事務所は、入国管理局へのビザ(在留資格)の申請の専門家として
法務大臣より承認を受けた申請取次行政書士があなたに代わって入国管理局への手続きを行います。

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務

在留特別許可

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務在留特別許可とは、法務大臣が、退去強制事由に該当する外国人(オーバーステイの方など)に対して、その外国人の事情を考慮し、特別に在留を許可する制度をいいます。(入管法50条)

許可要件

法務大臣は、退去強制事由に該当するとの特別審理官の判定に対する異議の申し出が理由がないと認める場合でも、次の各号一に該当するときは、その者の在留を特別に許可することができます。(入管法50条)

1.永住許可を受けているとき
2.かつて日本国民として本邦に本籍を有したことがあるとき
3.その他法務大臣が特別に在留を許可すべき事情があると認めるとき
4.難民の認定を受けているものであるとき

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務 就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務
在留特別許可の申請という申請手続きは存在しません
この在留特別許可は、本来であれば退去強制されるべき外国人に対して、法務大臣が在留を特別に許可することができるとされているものであり、許可を与えるか否かは法務大臣の自由裁量です。つまり、これは「在留特別許可の申請」ではなく、そもそも「在留特別許可の申請」という申請手続は存在しないという事です。ご注意下さい。
就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務 就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務在留特別許可が認められなかったら?

法務大臣より許可が認められば当然引き続き日本で生活できますが、認められなかった場合は、退去強制令書が発付され、本国に強制送還されます。

 

就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務ビザ申請・免許・入管業務等のご相談は今すぐこちらへ。

INDEX
申請取次行政書士なら手続きが楽に
在留資格認定証明書
在留資格とは?
在留資格一覧
日本で働く為には、その条件
身元保証人ついて
査証(ビザ)とは?
在留期間の計算
在留資格変更許可
在留期間更新許可申請
在留資格取得許可
資格外活動許可
再入国許可
永住許可永住許可
帰化
就労ビザ・ビザ申請・取得、外国人ビザ申請代行センター:在留資格、入管業務在留特別許可
専門家に依頼するメリット
在留資格やビザに関するQ&A集
各種書類作成費用
外国人ビザ申請代行センターについて
ビザ申請等に関するご相談・お問合わせ
特定商取引に関する表示
人材募集
行政書士、協議会スタッフ、執筆者など
※詳しくは応募要綱をご覧下さい。
 今月のオススメ 
皆さんに是非オススメしたい書籍や小冊子、CD-ROM、VTRなどです。

相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録

Copyright (C) 外国人ビザ申請代行センター. All Rights Reserved.

外国人ビザ申請代行センターの許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。